米国はロシア大統領を物理的に除去すると脅している=ラブロフ外相

© Sputnik / Grigoriy Sysoyev / メディアバンクへ移行ラブロフ外相
ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 27.12.2022
ロシアのラブロフ外相は、ロシアメディアのインタビューで、米国防総省の一部当局者がクレムリンに対して「斬首作戦」を行うと表明しているが、これはロシア大統領を物理的に除去するという脅しを物語っている可能性があるとの考えを示した。
米雑誌ニューズウィークは10月初旬、匿名の国防総省筋の話として米軍が「クレムリン中心部でプーチンを殺害するための斬首作戦」を行う案を議論していると主張する記事を掲載した。
ラブロフ氏は、ロシアの国家元首を除去するという案が実際に誰かによってはっきりとした形をもった場合、彼らは「そのような計画によって起こり得る結果についてとくと考える」べきだと警告した。
ロシアのアントノフ駐米大使 - Sputnik 日本, 1920, 22.12.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
「ロシアとの紛争に関与する意思がないという米国の言葉は空虚なもの」 駐米ロシア大使がゼレンスキー大統領の訪米に関して声明を発表
またラブロフ外相は、核に関する西側からの脅威についても言及した。同氏はその例として、英国のリズ・トラス前首相が選挙討論会で核攻撃を命じる用意があると「微塵の疑いもなく」述べたことを挙げた。
ラブロフ外相は先に、西側諸国は近い将来、世界経済を動かす可能性を逸すると断言し、「望むと望まざるとにかかわらず、(彼らは)交渉を迫られることになる」と述べた。
関連記事
現在起こっていることはロシアを孤立させようとする西側の首尾一貫した路線の結果=ラブロフ外相
2008年にウクライナをロシア封じ込めの足場にするための種が蒔かれていた=露ラブロフ外相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала