日本、オマーンから年間200万トン余りのLNG輸入へ 長期契約を締結

© AP Photo / Koji Sasahara, FileLNG輸送船
LNG輸送船 - Sputnik 日本, 1920, 27.12.2022
日本の大手商社・三井物産と伊藤忠商事、および日本最大の発電事業者のJERAは、2025年以降、オマーンから年間200万トン余りのLNG(液化天然ガス)を10年程度の長期契約で新たに輸入する方針を固めた。NHKが関係者の話を元に報じた。
NHKによると、現地を訪問中の西村経産相とオマーンのエネルギー担当の閣僚が同席し、27日に合意文書への署名式が行われる予定。
日本は現在、LNGの輸入量の2.6%にあたる年間190万トン余りをオマーンから輸入している。オマーンの輸出拠点などは、ペルシャ湾のホルムズ海峡を通過する必要がないため、紛争などの影響を受けにくいとされ、日本はエネルギー安全保障上、重要な輸入先と位置づけている。
岸田文雄首相はセネガルのサル大統領と会談 - Sputnik 日本, 1920, 19.12.2022
セネガル天然資源開発へ協力一致  首相、サル大統領と会談
LNG需給が世界的に逼迫する中、日本は調達先の多角化を進める意向。
オマーンとは他の日本企業も交渉を行っているという。合意すれば、輸入量は年間で計300万トン以上に増加する見通し。
関連ニュース
ドイツ、初のLNG基地開業も エネルギー問題解決にはならず
ドイツなどEU諸国、ベルギー経由でロシアからLNGの購入を継続
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала