Работа производственного объекта компании Сахалин Энерджи - Sputnik 日本, 1920
再編「サハリン1・2」をめぐる状況

日本、5月以降初めてロシア産原油を輸入する予定

© 写真 : Sakhalin Energy タンカー「Zaliv Baikal 」
タンカー「Zaliv Baikal 」 - Sputnik 日本, 1920, 28.12.2022
ブルームバーグは28日、日本はロシアの「サハリン2」プロジェクトから5月以降初めてロシア産原油を輸入する予定だと報じた。
船舶追跡データによると、原油を積んだタンカー「Zaliv Baikal 」は今月27日に「サハリン 2」の港湾施設を出港し、日本の菊間港の荷揚げターミナルに向かっている。ブルームバーグは、ロシア産原油が日本へ供給されるのは半年余りぶりになると報じている。
ブルームバーグは、ロシア側が同国産の原油や石油製品の価格に上限を設けた国への輸出を禁止したあとに供給が行われていると指摘している。日本は先に、自国のエネルギー安全保障で重要な役割を担っている「サハリン2」から調達する原油は価格上限設定の対象外とすると発表していた。
また27日、日本の損保各社がロシアの海域を対象とした「船舶戦争保険」の提供を1月から停止する問題で、ロシアからの液化天然ガス(LNG)の輸入を続けるため、日本政府が各社に保険提供を継続するよう求めていることがわかった。日経新聞などによると、国内損害保険各社は来年1月1日以降、ロシアやウクライナ周辺での軍事行動による沈没などの被害を補償する「船舶戦争保険」の提供を停止する。黒海やアゾフ海だけでなくロシアの極東海域も対象となり、日本企業も参画する石油・ガス開発事業「サハリン2」からのLNG輸入にも影響を与える可能性があると報じられていた。
関連記事
ロシア産原油価格上限設定 唯一影響を受ける国は日本
対露制裁によりエネルギー需要は増加 新興国のロシア依存度高まる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала