台湾にプレッシャーの中国に対抗 米国は対戦車システムを売却 台湾は人口の3倍が収容可能な防空壕を整備

© AFP 2023 / Sam Yeh台湾の軍事(アーカイブ写真)
台湾の軍事(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 30.12.2022
米国務省は対戦車地雷散布装置「ボルケーノ」とそれに付随する装置を約1億8000万ドル(240億円超)で台湾に売却することを承認した。台湾はこの間に人口2300万人をはるかに超える8600万人が収容可能な10万5000か所の防空壕を整備する。
米国防総省の代表は売却計画について、中国が台湾へ講じる政治経済軍事の圧力が高まることを受けて、中国に向けた対抗策だと強調している。
台湾国防省側では「ボルケーノ」があれば中国に有効に立ち向かうことができ、非対称的な戦争を行う台湾のポテンシャルを大きく強化できると考えている。
自民・世耕氏 - Sputnik 日本, 1920, 28.12.2022
台湾総統、自民・世耕氏と会談 蔡氏「日本は地域の平和と安定を維持していく決意を見せている」
日本経済新聞は、台湾では約10万か所の防空壕が急ピッチで準備されており、こうした防空施設は全土に建設されていると報じている。
日経新聞が台湾の内務省の発表を引用して報じたところよると、防空壕の大半は長期的な使用を想定したものではなく、駐車場などビルの地下街も防空壕としての数に入っている。
防空壕に収容できる人数は台湾の人口の3倍以上にあたる8600万人。また台湾には約2万人の日本人が居住している。
関連ニュース
米国はインド太平洋地域における軍事力増強に間に合わなかった
台湾人は「大砲の餌食」になるな=中国外務省 徴兵期間延長受け
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала