ゼレンスキーは射程距離300キロのミサイルATACMSを懇願 バイデンは拒否

© Sputnik / Stringer / メディアバンクへ移行ゼレンスキー大統領とバイデン大統領
ゼレンスキー大統領とバイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 30.12.2022
ゼレンスキー大統領は訪米中、最大射程300キロの地対地ミサイルMGM-140 ATACMSのウクライナへの提供をバイデン米大統領に再度懇願したものの、供給しないという米国側の姿勢は変わらなかった。米ポリティコ紙が報じた。
MGM-140 ATACMSはNATO諸国で使用されている長距離ミサイル。ウクライナはこれにより軍を強化することに望みをつないでいるものの、これを「同盟国」から手に入れようとするゼレンスキー氏の試みは今のところすべて失敗に終わっている。
ポリティコ紙の消息筋は「「ゼレンスキーはバイデンとの会談でこの兵器を話題に出したが、米国は提供を頑なに拒否した」と語っている。
対空防衛システム「パトリオット」 - Sputnik 日本, 1920, 26.12.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ウクライナで使用した場合のパトリオットの脆弱性 米国で指摘
MGM-140 ATACMSに関するバイデン米大統領の姿勢は今のところ変わらない。ウクライナに長距離ミサイルを供給すればNATOを分裂させる恐れがあり、そうした事態にいたることはホワイトハウスには許されない。
ロシアは以前、ウクライナへの兵器供給をめぐり、米国を含むすべての国に外交文書を送付した。ロシア外務省のラブロフ外相は、ウクライナに対する支援物資はいずれもロシア側にとって正当な攻撃目標になると牽制した。ロシア大統領府のペスコフ報道官も同じくコメントを発表し、ウクライナに西側から兵器を供与することは停戦交渉の助けとはならず、否定的な効果をもたらすに過ぎないと指摘している。
関連ニュース
英国 ウクライナに精密精度ミサイル「ブリムストーン2」を供与
ウクライナ問題は? バイデン氏、記者団の質問に答えず、さっさと立ち去る
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала