ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナで使用した場合のパトリオットの脆弱性 米国で指摘

© AFP 2023 / Gil Cohen-Magen対空防衛システム「パトリオット」
対空防衛システム「パトリオット」 - Sputnik 日本, 1920, 26.12.2022
米国がウクライナへ供給する対空防衛システム「パトリオット」について、フォーブス誌のポール・イドロン評論員は、パトリオットの脆弱性として低い機動性とコストの高さを指摘する記事を表している。
イッドン氏は、ウクライナは特殊軍事作戦で「対空防衛を巧みに移動させることでその破壊を避けた」と評価する一方、パトリオットは、砲撃を受けている状態から移動させるのは難しく、「1台のバッテリーをメンテナンスするのに3人、移動させ、すべての部品を設置するのに90人を擁する」と指摘する。
この他にも、パトリオットはドローンが多数機集まれば撃ち落とすことが可能なため、ウクライナ軍がドローンに対抗してこれを使用するかどうかは疑問視されている。イッドン氏は、パトリオットの価格は1基400万ドル(5億3000万円以上)することから、これを使ってのドローン撃退はあまりにコスト高だという点にも注意を向けている。
ロシアのアントノフ駐米大使 - Sputnik 日本, 1920, 22.12.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
「ロシアとの紛争に関与する意思がないという米国の言葉は空虚なもの」 駐米ロシア大使がゼレンスキー大統領の訪米に関して声明を発表
米政府は12月22日、米製対空防衛システム「パトリオット」を含む、18億5000万ドル(約2380億円)規模のウクライナへの追加軍事支援を決定した。
プーチン大統領は米国がウクライナに供給を約束したパトリオットについて、「旧弊なシステム」であり、ロシア軍は「はじきとばす」と豪語している。
関連記事
ゼレンスキー大統領が6兆円相当の追加支援を米議会に呼び掛け、「国際安全保障の強化に使う」
米国は、露民間人へのウクライナのテロ行為に対する責任を免れることはできない=ザハロワ露外務省報道官
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала