ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国は、露民間人へのウクライナのテロ行為に対する責任を免れることはできない=ザハロワ露外務省報道官

© Press service of The Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation / メディアバンクへ移行ロシア外務省のザハロワ報道官
ロシア外務省のザハロワ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 15.12.2022
ロシア外務省のザハロワ報道官は15日、ウクライナによるロシア領に対する攻撃への米軍の関与についてコメントし、米当局はウクライナ当局のテロ行為に対する責任を免れることはできないと述べた。
またザハロワ氏は、ウクライナ軍が13日にロシア西部ブリャンスク州を再び攻撃したことに言及した。

「キエフ政権のこのような行動は、砲システム及びミサイルシステムの誘導に直接関与し、ウクライナ軍に情報当局の衛星情報を提供している米国の了承を得て実行されている。(中略)事実上の紛争当事者となったワシントンは、キエフ政権がロシアの民間人に対して始めたテロ行為への関与を否定することはできず、米国が標的を設定した米国の兵器が原因による死や破壊に対する責任を免れることはできない」

ザハロワ氏はまた、13日にメディアが米国はウクライナに対空防衛ミサイル「パトリオット」を供与する計画だと報じたことについて、これは紛争がエスカレーションする危険をはらんでいるほか、戦闘行為に米軍が直接加わるリスクも高めると強調した。
関連記事
西側はウクライナ強化のためミンスク合意を利用=露外務省
露ザハロワ報道官、米国務次官の発言にコメント 「米国とNATOこそ世界中のエネルギー網を破壊した」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала