世界の株式市場、2022年に30兆ドル失う

© AP Photo上海株価の一覧表を前に顔を抑える男性
上海株価の一覧表を前に顔を抑える男性 - Sputnik 日本, 1920, 01.01.2023
2022年の1年間で、世界の株式・債券市場は最大で計30兆ドル(約3900兆円)を失った。英紙フィナンシャル・タイムズが伝えている。
同紙によると、リーマンショックの起こった2008年以降で最大の損失となる。米・ニューヨーク、中国・上海、ドイツ・フランクフルトの各市場が特に大きな影響を受けた。米国の株価指標「ナスダック」や「S&P500」はそれぞれ33パーセント、20パーセント減少。中国の「CSI 300」も元建てで22パーセント、ドル建てで28パーセントのマイナスとなった。
ルーブル  - Sputnik 日本, 1920, 27.12.2022
2022年の主要な出来事
【解説】ニュースで振り返る今年の世界経済:エネルギー高騰と物価高に翻弄された一年
先進国と新興国の複数の株式を対象とした指標「MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス」も20パーセントの落ち込みをみせた。また、東京株式市場でも12月30日に大納会を迎えたが、日経平均株価は年初から9パーセント(2697円)安の2万6094円となり、4年ぶりの年間を通しての下落となった。
2022年の物価高は世界の多くの市民の生活を直撃した。10月に発表されたIMF(国際通貨基金)世界経済見通しは、生活費危機への対処と題し、「世界経済活動は広範にわたり、かつ当初予想より大幅に鈍化 」「物価は数年ぶりの高水準を上回っている」と指摘。「財政政策は、金融政策と一致するよう十分に引き締まったスタンスを保ちつつ、生活費の圧力を和らげることを目指すべき」と提起している。
関係ニュース
JPモルガン、2023年の主要テーマを挙げる
日銀の金利拡大受けアジア各地で株価下落 日経2.5%、上海、香港も
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала