ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシア人とウクライナ人は1つの民族 正教会の使命は両者の敵対の阻止 キリル総主教

© Sputnik / Segei Pyatakov / メディアバンクへ移行キリル総主教
キリル総主教 - Sputnik 日本, 1920, 08.01.2023
ロシア人とウクライナ人は一つの民族であり、両者が敵対しないために教会は全力を尽くさねばならない。モスクワおよびルーシの総主教キリルは1月7日のロシア正教の暦における降誕祭にこうした声明を表した。
キリル総主教はテレビ局「ロシア1」からの取材に次のように語った。「これはキエフの洗礼盤(編集:ロシアのキリスト教の受容)から出てきたひとつの民族です。ですがこれは、白海から黒海までの土地に暮らす、あまりにも巨大な民族です。この規模の巨大さは、いつの時代も周辺の人間の恐怖と妬みを呼んできたがために、昔から外国の勢力はこの民族が分裂し、離反し、互いに衝突するよう仕向けてきました」
キリル総主教は、ウクライナで今行われていることは、人々の分裂を狙った文明上の前提条件を作る試みだととらえており、この試みが民族の生活のどこまで深くいきわたるかが問題だとして、次のように語っている。
「今日、ウクライナではウクライナ人の目から見て、ロシアが真の敵となるよう、ウクライナ人から見てロシア民族、ロシア人が異なる民族となるよう、全力が傾けられています。一つの民族の2つの部分の間に深淵を作ろうとする、この活動がどれだけ『成功』を収めるか。もちろんこれに未来もかかっているのです。ですが教会はウクライナ人、ロシア人がどんなことがあっても敵どうしにならぬよう、全力を尽くさねばなりません」
関連記事
ロシア総主教、クリスマス前夜に「ウクライナ正教会を崩壊させようとするのは悲しい試み」
プーチン大統領、1月6日から7日まで停戦体制の導入を命じる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала