IT・科学 - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

水はワインに、ではプラスチックは? 研究者がプラ廃棄物から土壌添加物とグリーン燃料を生成する方法を開発

© AFP 2023 / Fred Dufourプラスチック(アーカイブ写真)
プラスチック(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 11.01.2023
英国の研究者らが、プラスチックと農業廃棄物を混合することで土壌添加剤を、プラスチックと温室効果ガスを混合することでグリーン燃料を生成するシステムを開発したことが分かった。英ケンブリッジ大学が、この研究をウェブサイトで発表している。
現在、世界中でプラスチック素材のリサイクルは大きな問題になっている。すべての種類のプラスチックが新しいプラスチックにリサイクルできるわけではない上、再利用するたびに品質が劣化する種類も多く存在する。そのため、研究者らは、環境にやさしく、実用的なプラスチック廃棄物のリサイクル方法を模索している。
ケンブリッジ大学の研究者らは今回、プラスチックを太陽エネルギーでプラスチックを多孔性の炭に変換するシステムを開発した。このシステムを利用してポリスチレンと、トウモロコシの栽培で廃棄処分になる茎、葉、実のない穂軸などを混ぜ合わせると、土壌添加剤となる多孔性の炭が生成されるという。
DNA - Sputnik 日本, 1920, 01.01.2023
2022年の主要な出来事
【解説】進歩の推進力 2022年の科学界が達成した新発見
この炭を熱水にさらしたものを土壌に添加すると、農地の保水性や通気性を向上させることができる。また、この炭は自然に分解されるため、土壌を肥やすこともできる。しかし、研究者らによると、この物質が実際の農業に有用かどうかを検証するためには、さらなる研究が必要であるという。
また、研究者らは、このシステムを使ってプラスチック廃棄物と温室効果ガスの二酸化炭素を効率的にグリーン燃料(合成燃料)とグリコール酸に変換することに成功した。合成燃料は人工的な原油とも言われており、クリーンな液体燃料として期待されている。一方で、グリコール酸は、化粧品業界で広く利用されている。
これよりも前、スプートニクは、ノルウェーの企業が液体ナノクレイ(粘土)を開発し、これを乾燥した土壌に散布することで、肥沃な土を作り出すことができたというニュースについて報じた。
関連ニュース
放射能に汚染された土壌を浄化する植物=インド研究
故人をコンポストで分解 米国でユニークな環境対策
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала