ドイツ西部 抗議行動の鎮圧で警察官70人以上が負傷

© AP Photo / Michael Probst独リュッツェラート村、立ち退きを拒否する抗議参加者ら
独リュッツェラート村、立ち退きを拒否する抗議参加者ら - Sputnik 日本, 1920, 16.01.2023
ドイツ西部リュッツェラート村で行われた石炭採掘に反対する抗議活動で、対応していた警察官70人以上が負傷した。西部の都市アーヘンの警察が発表した。
リュッツェラート村では11日、警察と機動隊が抗議行動の鎮圧のための作戦を開始した。ドイツのエネルギー企業RWEはこの村で石炭の採掘を計画している。リュッツェラートの石炭採掘は不足する国内の電力供給を補うため、必要不可欠とされている。地区の決定によると、この村は1月末までに住民の完全退避が義務付けられている。一方、石炭の採掘に反対する環境保護活動家らは村の保存を希望しており、既に住民が退避した家々に入居し、暮らしている。
15日までに、300人以上の抗議参加者がリュッツェラート村からの立ち退きを迫られている。一方、警察との衝突が4度あったと指摘されている。警察によると、2人の抗議参加者が未だ地下トンネルに引きこもっている。警察は残りの抗議参加者らを村の外に連れ出すことに成功。12人が拘束された。
警察の発表によると、抗議者の掃討)作戦開始以来、70人以上の警察官が負傷した。また、9人の抗議者が病院へ搬送された。なお、重傷者は報告されていない。
このほか、警察車両数台が投石や落書きなどにより破損したほか、サイドミラーが叩き落とされ、多数のタイヤが切り裂かれた。
村の開拓が始まって以来、計154 件の訴訟が提起された。
警察がウォータージェットガン、警棒、唐辛子スプレーを使用 独西部の抗議行動の鎮圧で - Sputnik 日本, 1920, 15.01.2023
警察がウォータージェットガン、警棒、唐辛子スプレーを使用 独西部の抗議行動の鎮圧で
14日には1000人余りの環境活動家がリュッツェラート村に集まり、スウェーデンのグレタ・トゥーンベリさんもこれに参加した。警察は参加者総数をおよそ8000〜10000人としているが、抗議活動の組織者らは、抗議には合わせておよそ3万5000人が参加したと発表している。
関連ニュース
ファストファッションブームは世界を環境破壊の危機に追いやっている
環境保護活動家、マドリードの幹線道路に「張り付く」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала