2023年は世界全体で2億人超の労働者が貧困ラインを下回る=国際労働機関

貧困 - Sputnik 日本, 1920, 18.01.2023
国際労働機関(ILO)のジルベール・ウングボ事務局長は、スイスのダボスで開催されている世界経済フォーラムで演説し、今年2023年には週40時間働いている人々のうち1日あたりの収入が貧困ラインの1.9ドルを下回る労働者が2億人超になると発表した。

ウングボ氏は「2023年には、定期的に週40時間働く2億1400万人の労働者が今までのように1日あたり1.9ドルを受け取ることができなくなると推定されている」と述べた。

同氏はまた、このような低賃金にもかかわらず、人々がフルタイム勤務を続けていることに当惑を表明した。
ダボス会議、ロシアはアジア太平洋の議題を携え参加 - Sputnik 日本, 1920, 17.01.2023
【解説】ダボス会議開幕 2023年の議題は? 世界をディストピアに導く
また2023年には、失業者数が世界全体で300万人増加して2億800万人になると推定されているという。
関連ニュース
世界は新たな貿易戦争の危機に直面=独副首相
アルゼンチンで消費者物価指数が94%増、中南米で最悪水準
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала