現在の世界情勢は自分の人生において最悪の状況=国連事務総長

© KENA BETANCUR / AFPアントニウ・グテーレス氏
アントニウ・グテーレス氏 - Sputnik 日本, 1920, 20.01.2023
国連のアントニウ・グテーレス事務局長は13日、スイスのダボスで開催中の世界経済フォーラムで演説し、現在の世界情勢は「残念な状況」にあり、自分の人生において最悪の状況だ述べた。AP通信が報じた。
グテーレス氏は演説で「私は第二次世界大戦中にはまだ生まれていなかったので、私の言葉は意味を持たないかもしれない。しかし今日、私の人生において最悪の状況が形成された」と強調した。同氏は、今日の国際社会にとって最も切迫した問題は気候変動と地政学的な分断だとの考えを示した。
グテーレス氏は、気候の大惨事を食い止めることができなければ人類は滅亡の危機に瀕すると警告し、この地球規模の課題に対応できる唯一の方法は力を合わせることだが、国際社会における地政学的な分断と相互不信の高まりにより、現状では不可能だとの見方を示した。同氏はまた、国際社会が連携協力できなければ世界は格差の拡大、インフレ高進とエネルギー不足による生活費の危機、新型コロナウイルス感染症(COVID-19) パンデミックの長引く影響といった問題に対処することはできないと指摘した。
ロシアのプーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 21.11.2022
「西側の冒険的で素人的な政策が世界の食糧事情の不均衡を招いた」=プーチン露大統領
グテーレス氏は、その他の問題にも懸念を示している。同氏は、現在の状況は冷戦時代よりもはるかに危険であるため、自身の人生において最悪の状況だと述べた。グテーレス氏は、冷戦時代よりも危険だと考える理由について、現在、軍事紛争が制御不能に陥らないことを保証できるメカニズムはほとんど残っていないからだと説明した。
スプートニク通信は先に、今日、国連の決定は多くの国によって妨げられていると報じた。アレクセイ・エルホフ駐トルコ露大使は、ロシア、国連、トルコ、ウクライナの4者の協議によって結ばれた協定「穀物合意」について、その一部である「ロシア産農産物輸出正常化に関するロシア・国連間の相互理解覚書」の実現に進展が見えないと表明し、「ロシアの生産者や供給業者は依然として銀行支払いの停止、法外に高い関税、港湾立入阻止などに直面している」と述べた
関連ニュース
ロシア、穀物合意で1500万トンの穀物を貧しい国に輸出
対ロシア制裁が失敗に終わる理由 米誌「ナショナル・インタレスト」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала