核爆弾が爆発 家のどこに隠れるのが安全?

核爆弾の爆発 - Sputnik 日本, 1920, 20.01.2023
核爆弾が爆発した際にコンクリート住宅内での避難に最適・最悪な場所を明らかにした研究を、キプロスの研究者らが発表した。この研究をまとめた論文が、学術誌「流体物理学」に掲載されている。
ニコシア大学(キプロス)の研究者らが今回、核爆弾の爆発のシミュレーションを行ったところ、 核爆発の中心にいる人は生き残る可能性は低く、爆風から離れた場所にいる人は、建物の廊下や窓、ドアのそばに立たない方がいいことが分かった。また、人が多く立っている廊下では爆風波の威力が著しく増大することも判明した。
韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領 - Sputnik 日本, 1920, 02.01.2023
「核の傘」にはもう「説得力がない」韓国 核戦力を含む共同演習で米国と交渉
また、この研究では、コンクリート住宅の中で生き延びるのに最適な場所が明らかになった。それは部屋の隅。研究者らは、「爆心地に近い部屋でも、爆発地点に面した壁の隅に身を置けば、衝撃波から逃れることができる」と指摘している。衝撃波は壁に当たると角に向かって移動する。そして、衝撃波が移動する経路上では人体の重量の18倍に相当する負荷が発生するという。
スプートニクは先日、北朝鮮指導部は核兵器を未来の世代を守るための道具とみなしているというニュースについて報じた。
関連ニュース
「力の誇示だけではない」米韓合同演習は、米国が核兵器を使ってでも韓国を防衛する用意があることを示している
北朝鮮、日本の新たな国家安全保障戦略に懸念を表明 対応を警告
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала