CIA長官が密かにウクライナ首都を訪問=メディア

© AP Photo / Pool / Graeme Jennings米中央情報局のウィリアム・バーンズ長官
米中央情報局のウィリアム・バーンズ長官 - Sputnik 日本, 1920, 20.01.2023
米中央情報局(CIA)のウィリアム・バーンズ長官が先週末に密かにウクライナの首都キエフ(キーウ)を訪れ、ウォロディミル・ゼレンスキー大統領との会談でロシアが今後実施すると思われる計画について説明したことがわかった。米紙「ワシントン・ポスト」が報じている。
同紙が米政権筋の話を引用したところによると、バーンズ長官は先週末に密かにキエフを訪れ、ゼレンスキー大統領に、今後数週間から数ヶ月間におけるロシアの軍事計画に関する予測を説明したという。
同紙は、ウクライナ政府は、バーンズ氏が提供できる情報を高く評価するとみている。バーンズ氏とゼレンスキー大統領は、11月の中間選挙で米共和党が下院で過半数を獲得して以降、ウクライナ政府が米国や他の西側諸国からの援助をいつまで当てにできるのかについて議論を行った。
デヴィッド・ペトレウス氏 - Sputnik 日本, 1920, 15.12.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
CIA元長官、米国がウクライナ紛争に介入する理由を語る
また、バーンズ氏はゼレンスキー大統領に対し、今後、ウクライナを支援するのは難しくなると語ったという。
同紙によると、ゼレンスキー大統領と側近は、バイデン政権のウクライナ政府への支援は弱まらず、少なくとも7月か8月までは支援に関する緊急資金メカニズムが維持されるという印象を抱いて会談を終えたという。
情報筋によれば、ウクライナ政府は数十億ドル規模の追加援助パッケージが米国議会で可決される見込みに関してはあまり自信を持っていない。
関連ニュース
ゼレンスキー大統領、西側が兵器を供与すればクリミア奪還を試みると発言 ダボス会議
クレムリン プーチン大統領の生存を疑問視するゼレンスキー氏に回答
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала