ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

CIA元長官、米国がウクライナ紛争に介入する理由を語る

© AP Photo / Evan Vucciデヴィッド・ペトレウス氏
デヴィッド・ペトレウス氏 - Sputnik 日本, 1920, 15.12.2022
米中央情報局(CIA)のデビッド・・ペトレイアス元長官は、米ワシントンで開催された米国国防権限法(NDAA)について議論するフォーラム「アスペン・セキュリティ(Aspen Security)」の場でFoxニュースのインタビューに応じ、ウクライナ紛争に米国が関与する目的について、その「世界の主要な超大国」としての地位をゆるぎないものにすることだと語った。
ペトレイアス氏は、現在、米政府にとってウクライナが優先事項の1つだと確信を示した。

「ウクライナ支援は、特に米軍のアフガニスタン撤退後に米国は今も、そしてこれからも世界で支配的地位に立つことができ、米国にはそれを行う意思があることを示すために極めて重要だ」

ペトレイアス氏は、米国はすでにウクライナに「信じられない額」の支援を提供しており、過去1年間で190億ドル(約2兆5760億円)超相当の兵器供与及び130億ドル(約1兆7625億円)の経済支援を行ってたと述べた。
またペトレイアス氏は、米国の優先事項について、ウクライナ支援以外には、中国に対抗することなどを目的とした米軍の「基盤力」の強化を挙げた。同氏によると、これは軍人とその家族に関する「包括的なケア」を意味している。
ウクライナにパトリオットを供与すれば予測不能な結果を引き起こす=在米露大使館 - Sputnik 日本, 1920, 15.12.2022
ウクライナにパトリオットを供与すれば予測不能な結果を引き起こす=在米露大使館
ロシアのプーチン大統領は今月、上海条約機構およびCIS加盟国の国防トップ会合に向けた動画メッセージの中で、西側はドンバスでテロを奨励し続け、ウクライナ国民を肉弾のように、対ロシアの破城槌(はじょうつい)のように使っていると述べた。またプーチン大統領は、現在のウクライナにおける一連の出来事は、いかなる犠牲を払ってでも世界支配を維持したいという米国の願望の悲惨な結果であると指摘した。
関連記事
高給と良い暮らしが約束 ウクライナ軍側で戦おうとアフリカ人傭兵がシリアから続々出国
米国、ウクライナへの「パトリオット」供与を準備 あらゆる困難にもかかわらず
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала