ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナ軍の攻撃で民間人犠牲者4591人=露国連大使

© Sputnik / Grigoriy Sisoev / メディアバンクへ移行ワシーリー・ネベンジャ露国連大使
ワシーリー・ネベンジャ露国連大使 - Sputnik 日本, 1920, 21.01.2023
ロシア西部のドネツク・ルガンスク両人民共和国でウクライナ軍の攻撃によって犠牲となった民間人が、昨年2月以降、これまでに少なくとも4591人にのぼることが分かった。20日、ワシーリー・ネベンジャ国連大使が明らかにした。
ネベンシャ大使によると、2022年2月17日以降、両共和国で犠牲になった民間人は少なくとも4591人で、そのうち154人が子どもだった。また、1万3000戸以上の住宅、147カ所の医療施設、560以上の教育施設が被害に遭った。2014年のウクライナにおける政変以降の被害を含めると、犠牲者の数はさらに多い。
統計の開始日がロシアのウクライナにおける特殊軍事作戦開始の一週間前の2月17日になっているのは、同日以降の数日間でウクライナ軍がドンバス地域への砲撃を8倍に増加させていたことを考慮したとみられる。
また、ネベンジャ大使は北大西洋条約機構(NATO)諸国が兵器供与を開始した昨年夏以降、ウクライナ軍の攻撃による民間人の犠牲は4倍に増加。民間施設への攻撃も3倍になったと説明している。
ロシアのラブロフ外相
 - Sputnik 日本, 1920, 20.01.2023
「ウクライナの人権侵害に目向けよ」 ラブロフ露外相、赤十字総裁と会談
一方、ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は同日、ウクライナ情勢に関するメディアの質問に対して次のように述べている。

「西側諸国はキエフ政権の支配地域の犠牲について偽善的に憂慮を表明し、ウクライナ軍の攻撃による犠牲者の運命はどうでもいいという態度をデモンストレーションし続けている」

また、ゼレンスキー政権はより多く武器を得るために悲劇を利用しているとも指摘した。
関連ニュース
ウクライナ政府による正教会の取締法案に国連人権担当事務次長補が懸念を表明
露人権代表、ウクライナ側に拷問やめるよう要請
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала