仏と独は欧州復興の先駆者にならなければならない=マクロン大統領

© AP Photo / Markus Schreiberフランスのマクロン大統領
フランスのマクロン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 23.01.2023
フランスのマクロン大統領は22日、フランスとドイツは「欧州復興の先駆者」にならなければならないと表明した。
マクロン氏によると、これはまず新しいエネルギーモデルの共同構築に関係しているため、両国は環境分野の変革に必要な公的投資と民間投資を欧州レベルで加速する必要がある。
マクロン氏はまた、フランスとドイツは豊かで環境に優しい欧州の未来を構築するためにイノベーションとテクノロジーの分野でも先駆者となるべきであり、欧州大陸を「新技術と人工知能のチャンピオン」にするために欧州の製造業への奨励も行うべきだと指摘した。
フランス・パリ - Sputnik 日本, 1920, 06.01.2023
仏保守政党「愛国者」の指導者、「ゼレンスキー大統領より欧州の人々救うべき」
パリで22日、フランスとドイツの友好関係を約束するエリゼ条約(仏独協力条約)の調印60周年を記念する式典が開かれた。同条約は、1963年1月22日にパリのエリゼ宮殿で当時のドゴール仏大統領とアデナウアー西独首相によって調印された。
関連ニュース
フランス 9月から定年退職年齢を引き上げ 2030年までに64歳に
EUはロシアと共に、新たな安全保障システムを構築すべき 仏アカデミー総裁
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала