フランス 9月から定年退職年齢を引き上げ 2030年までに64歳に

© Depositphotos.com / AndreyKrフランス・パリ
フランス・パリ - Sputnik 日本, 1920, 11.01.2023
フランスのエリザベット・ボルヌ首相は、定年退職年齢を2030年までに64歳にするべく、2023年9月1日から年に3ヶ月ずつ引き上げると表明した。
ボルヌ首相は、10日の記者会見で、政府が今年採択予定の年金改革の草案を発表した。この問題はフランス国内で論争の的になっている。
ボルヌ首相は「定年退職年齢を2030年に64歳にするべく、2023年9月1日より毎年3ヶ月ずつ段階的に引き上げていく。マクロン大統領の大統領任期(5年)終了時点では、63歳3カ月になる」と発表した。
現在、フランスの定年は男女とも62歳。
アカイーブ写真 - Sputnik 日本, 1920, 08.01.2023
孤独が社会問題化 ドイツ
ボルヌ首相は、国内の労働人口と増え続ける一方である年金生活者の数の「バランスを保つ」ことが必要だと述べた。また、この改革は若い頃から働き始めた人たちの早期退職を可能にすると指摘した。
一方、極右政党「国民連合」のマリーヌ・ルペン党首や左派政党「不服従のフランス」のジャン=リュック・メランション党首など多くの野党政治家らが、すでに議会での法案採決を阻止すると表明した。
昨年12月には、フランスの大手労働組合である労働総同盟(CGT)のフィリップ・マルティネス書記長が、政府が年金改革採択の決定を変更しなければ、2023年初頭に大規模なストライキに直面すると発言していた。
マクロン大統領が就任当初に提案した年金改革案では、2031年までに定年を62歳から65歳に段階的に引き上げることが想定されていた。
関連ニュース
フランス 大晦日の暴動で約700台の車が燃やされる これでも減少傾向
パリで生活費高騰反対のデモ 主催者は14万人参加と発表
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала