【図説】ロシアのSu-35戦闘機が西側の戦闘機より優れている点は何か

約15年前の2008年2月19日、ロシアのSu-35戦闘機が初飛行した。初号機は2007年にロシア極東コムソモリスク・ナ・アムーレの航空機工場で組み立てられ、2011年に同工場で量産が始まった。Su-35は今や新しくはないが、その有効性を常に実証している。Su-35が西側の戦闘機より優れている点について、スプートニクのインフォグラフィックでご紹介します。
非常に機動性が高いSu-35は、あらゆる規模の紛争において部隊を空から支援したり、航空優勢を確保・維持することを目的としている。近代的なSu-35戦闘機は、「空対空」および「空対地」のすべての近代的かつ有望な戦術兵器を使用することができる。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала