【図説】米無人機「MQ-9 リーパー」墜落事件

14日朝、黒海で米無人機「MQ-9(リーパー)」が墜落するインシデントが発生した。スプートニクは事件の概要や「MQ-9」のスペックをインフォグラフィックでまとめた。
露国防省によると、14日朝、クリミア半島近くの露領空に近づく米軍の無人機「MQ-9」が発見された。「MQ-9」は黒海上の暫定的空域使用体制で定められた境界線を侵犯し、通信機をオフにしたまま飛行していた。ロシアは戦闘機をスクランブル発進させて対応。その後、「MQ-9」は制御を失い海面に衝突した。露戦闘機はドローンに対して攻撃兵器を使用しておらず、接触もなかったとしている。一方、米側は「MQ-9」の墜落は露戦闘機の接触によって起こったと言い張っている。
関連ニュース
米軍無人機「リーパー」が黒海で墜落と米発表 露国防省もコメント
黒海の無人機事件は米国が対露紛争に参戦している証拠=パトルシェフ氏
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала