IT・科学 - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

火星での住宅建設に片栗粉とひとつまみの塩が役立つ可能性

© Fotolia / Sergey Kozlov火星都市のコンセプト
火星都市のコンセプト - Sputnik 日本, 1920, 23.03.2023
学術雑誌オープン・エンジニアリング(Open Engineering)によると、英国の研究チームは火星に住宅を建てるという問題に真剣に取り組んでいる。研究チームは、レゴリス、片栗粉、ひとつまみの塩でつくられたStarCreteと呼ばれる建材の開発に成功した。StarCreteは一般的なコンクリートの2倍の強度を持つという。
地球から火星に建材を運ぶのは採算が合わないため、研究チームはベースに塵(レゴリス)である人工の火星の土を選んだ。結合剤には、火星移住者が食品成分として生産するとみられる片栗粉が使用された。これにひとつまみの塩が加わって完成となる。オープン・エンジニアリングによると、出来上がった建材は強度だけでなく、多くの点でコンクリートを上回った。
StarCreteは実験で72メガパスカル(MPa)の圧縮強度を示した。なお、一般的なコンクリートの強度は32MPa未満。これに先立ち、英国の研究チームは月の塵を使った実験を行った。月の塵からつくられたStarCreteの圧縮強度は91MPa超とさらに高かった。
火星探査機「キュリオシティ」の自撮り画像 - Sputnik 日本, 1920, 12.02.2023
IT・科学
火星の湖 信憑性の高い証拠が発見される
世界中の学者たちが、地球から火星やその他の惑星に移住して生活するための独自のアイデアを提案している。スプートニク通信は先に、火星で生活可能なキノコの家が米国で考案されたと報じた。
関連ニュース
火星探査に向けてアザラシ型ロボットのテスト 宇宙飛行士のストレスケアが目的
人類が火星に捨てたゴミの量が明らかに
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала