ウクライナ危機はガタのきた米国経済には救世主=米コラムニスト

© Ukrainian Presidential Press Office米国とウクライナの国旗
米国とウクライナの国旗 - Sputnik 日本, 1920, 05.05.2023
コラムニストのレオニード・ベルシドスキー氏はブルームバーグに寄稿した中で、ウクライナ危機が長引くおかげで西側の同盟国からのキエフ支援は先細っており、軍事支援の継続から得られる経済的な旨味が裏付けられないままでは支援は断ち切られるリスクがあると書いている。
ベルシドスキー氏はその一例として、米国を挙げ、米国の場合はウクライナ軍事支援が新たな雇用を生み、エネルギー資源の消費市場の拡大につながったと指摘した。

「2022年のウクライナ軍事支援は米国の全軍事支出の約5.3%を占めた。この支出のほぼ大半は米国から自国製の軍事機器という形で出ていき、自国の労働市場を支えている」

ベルシドスキー氏は論拠として米シンクタンクのランド研究所の輸出データを引用した。

「ウクライナは米国の国防産業に、最終的には米国経済に刺激を与えている。長期的視点で見れば、これは弾薬から対空ミサイルに至るまで、米国の多くのプロダクトの生産能力を拡大している」

ゼレンスキー大統領、バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 30.04.2023
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
米国はゼレンスキー氏に領土喪失を受け入れさせる=米紙コラムニスト
ベルシドスキー氏は、欧州のエネルギー市場におけるロシアのプレゼンスが縮小したことで、米国には空いたニッチを自国産原材料で占めるチャンスが到来したと指摘している。
ベルシドスキー氏は、こうした一方で米国、欧州ではウクライナへの軍事支援に異議を唱える市民の数は増えつつあることに目を向け、政権は紛争の支援からどういった商業上の利益が得られるのか、説明を迫られていると記事を結んでいる。
関連ニュース
米国、ウクライナに3億ドルの追加軍事支援=米国務長官
米国、ウクライナから要求された軍事支援のほぼ100%を納入 それでもなお支援の継続を強調
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала