モスクワと北京が生活の安全保障分野で協力強化

© Sputnik / Sergey Guneev / メディアバンクへ移行モスクワと北京が生活の安全保障分野で協力強化
モスクワと北京が生活の安全保障分野で協力強化 - Sputnik 日本
生活の安全保障分野でのモスクワと北京間の協力。これが露中の首都どおしのパートナーシップ成立20周年を記念してモスクワで実施された露中フォーラムの円卓会議のテーマとなった。なぜこのテーマが選ばれたかについて、露中機械技術イノベーションプラント取引協力会議所の役員をつとめるアレクセイ・マスロフ教授はラジオ「スプートニク」に次のように語った。

日本国旗と中国国旗 - Sputnik 日本
東大教授、モスクワで講演「日中関係は協調と対立の時代が続く」
「このフォーラム用の安全保障のテーマが選ばれたのはモスクワと北京が今、同様の問題を抱えているからだ。これは4つのグループに分けることができる。第1にこれは大都市の人口増加と都市の拡大で、これが安全保障に否定的な影響を及ぼしている。第2に交通量の目覚ましい増加とその結果、交通事故、交通手段に関連した犯罪が 急激に増えていること。また車の流れをどう調整するかも大きな問題となっている。この点ではモスクワは車の流れを追跡するユニークなシステムを提案しており、これは外国でも適用できるかもしれない。第3にコンピューターネットの安全の拡大だ。モスクワや北京のような町の生活はその領域に首都と連邦のそれぞれの権力機関、非常事態省の管轄事務所など重要な施設が存在している。このため首都では安全保障やサイバー安全保障のいかなる違反も国全体の安全保障に深刻な影響を及ぼしかねない。それから第4に、重要度ではこれまでの項目に勝るとも劣らないのだが、首都間の相互関係の強化がある。ロシアの多くの都市は中国の諸都市と積極的に協力を行っているのに対し、モスクワと北京の相互関係は何らかのグルーバルなプロジェクトに限定されてしまい、都市レベルの実際的な事には体現されることはなかった。そこで今、我々は具体的テーマに立ち戻ろう。これはモスクワの都市建設複合体への中国企業の投資であり、コンピューターインフラ分野のような新たな大プロジェクトを造る分野だが、これについては華為技術有限公司(ファーウェイテクロノジー)や「ジオインフォルマチカ」社が説明したものだ。近々国際展覧会が行なわれ、それにモスクワも北京も参加するが、底では具体的なプロジェクトが発表される。それらの実現化は2016年半ば、2017年に開始される。」

フォーラムの開幕を宣言したのはモスクワ市政府、対外経済国際関係部のセルゲイ・チェレミン部長だ。部長は開幕宣言のなかで、「モスクワと北京の間の対話はこの間におきた政治、経済の震撼にもかかわらず、いつの時代も途切れることがなかった」と語った。

チェレミン部長は、ラジオ「スプートニク」のインタビューの答え、将来的にモスクワと北京がそれぞれの通貨で相互決済を行なう可能性について、次のように語った。

「地域間に個別の通貨関係が成立することはありえないが、全体として両国はすでに長い間、自国通貨で決済を行なうよう企業に呼びかけている。政府間協議、銀行間協議の枠内で特別の作業グループが作られており、この中に我々の対外経済関係を拡大するポテンシャルが蓄えられると思う。なぜなら第3国の通貨を使えば、トランザクションに余計な困難が生じるし、金融オペレーションは中国側の企業にもロシア側の企業にも非常に高くつくからだ。兌換に非常に多くのお金が失われ、また外国の銀行がトランザクションを行なう際によく問題が発生する。このため、将来は自国通貨間の取引に移行する傾向にあると思う。

我々の間では中国の大企業とのコンタクトが定期的にあり、彼らはモスクワの交通インフラの刷新プロジェクトや商業コングレッション両用の施設、ホテルの建設プロジェクトに関心を抱いている。近い将来、何らかのプロジェクトが実現化されるだろうと確信している。

首脳会談を前に「黒雲を払う」中国と米国 - Sputnik 日本
首脳会談を前に「黒雲を払う」中国と米国
しかもモスクワでは良好な投資環境を作る法律が採択されようとしている。先日、連邦レベルで国家と民間のパートナーシップの法律が採択されたが、これも将来的な投資、国とのパートナーシップの側面を拡大していくものだ。こうしあらゆるファクタが揃い、そして中国のパートナーらが勢いよく活発性を増していることから、近い将来に具体的プロジェクトに入れると思う。」

北京副市長で北京社会安全保障庁の長官を兼任するヴァン・シャオフン氏は、北京は世界でも巨大な投資家であるだけでなく、多くのプロジェクトを提案して世界の投資家らに巨大な可能性を提供する都市でもあるとして、次のように語っている。

「露中の首都間のパートナーシップ20周年の行事に我々が参加しているということは、我々がモスクワ北京間の協力をどれだけ高く評価しているかを物語っている。北京には外国からの投資に特恵制度が存在している。」
ヴァン副市長はまた、露中の協力は両国首脳の庇護を得ており、成功するチャンスはそろっていると強調した。フォーラムで中国代表団にはモスクワが交通量整備システムで達成した成功例、汚職対策、自然災害、技術災害対策用の最新の機器とテクノロジーが紹介されている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала