EU加盟国常駐代表 対ロシア制裁延長に関する検討を延期

© Flickr / Giampaolo SquarcinaEU旗
EU旗 - Sputnik 日本
EU加盟国常駐代表は、対ロシア経済制裁延長に関する検討を延期した。AFP通信が、外交筋の情報として伝えた。

EU加盟国常駐代表は9日水曜日の会議で、ウクライナ問題と関連して発動された対ロシア制裁の6ヶ月の延期について、議論なしで合意すると思われていたが、EU外交筋がAFP通信に伝えたところによると

欧州議会議長、EU崩壊の危険性を警告 - Sputnik 日本
欧州議会議長、EU崩壊の危険性を警告
「議題から(対ロシア制裁延長に関する)項目が、取り除かれた」という。また外交筋によると、EU加盟国常駐代表は、10日の会議でも別の議題について議論する見込みだという。
イタリアの外交筋は、AFP通信に、次のように語った‐

「これら全ては、まだはっきりと決まっていない… 問題は、どこで決定が承認されるかということだ。ある人々は、来週開かれる(EU加盟国の)首脳会議で決定が承認されることを望んでいる」。

AFP通信の消息筋によると、次の行動を起こすためのある種の混乱が生じているという。

ある消息筋は、AFP通信に次のように語った‐

消息筋:EUの対ロシア制裁延長に関する作業がまもなく始まる - Sputnik 日本
消息筋:EUの対ロシア制裁延長に関する作業がまもなく始まる
「これは、イタリアのレンツィ首相の決定を待つイタリア人によって左右される。対ロシア制裁延長に関する問題が、今日あるいは明日再び提起される可能性もあれば、この問題が月曜日の外相会議に持ち込まれる可能性もある」。

EUによる対ロシア経済制裁は、2016年1月31日に効力を失う。EUは対ロシア経済制裁の延長を、今週のEU加盟国常駐代表会議で検討し、その後、12月14日にEU加盟国の外相が決定を承認、12月17・18両日にブリュッセルで開かれるEU首脳会議で、正式な決定を承認すると見られていた。

イタリアのテレビRaiNews24は9日水曜日、EU外交筋の情報として、イタリアは対ロシア制裁延長について「政治討論」を開始するよう要請していると伝えた。RaiNews24によると、イタリアは制裁を「自動的に」6ヶ月延長することに賛成ではなく、EU議長国を務めるルクセンブルクに、対ロシア経済制裁の延長を、討議の枠組みの中で話し合うことを求めたという。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала