このビタミンが足りないと失明しやすい

© Sputnik / Vitaliy Ankov / フォトバンクに移行
目 - Sputnik 日本, 1920, 31.12.2021
ビタミンAの不足による角膜の乾燥や網膜の損傷は失明につながりやすい。エクスプレス紙は、特に世界中の児童たちがこの危険にさらされていると報じている。
エクスプレス紙が引用した世界保健機関(WHO)のデータによれば、世界の児童の死亡率の主要原因にビタミンAの欠乏が数えられている。米国眼科学会は、ビタミンA欠乏症の主な症状として視力低下と、その先の失明を挙げた。
エクスプレス紙の引用したWHOの発表によれば、「ビタミンA欠乏症のために世界で毎年約25〜50万人の栄養失調児が失明。その約半数が失明後、1年以内に死亡している」
目 - Sputnik 日本, 1920, 15.10.2021
新型コロナウイルス
コロナウイルスは眼球から侵入 視力を悪化 独の研究で明らかに
ビタミンAは網膜の機能維持に大切な色素の生成に影響する。ビタミンA不足は「鳥目」や「夜盲症」が発症させるほか、結膜や角膜の水分が不足するドライアイ症候群を起こしやすい。ビタミンA不足が進行すると目の粘膜が乾燥し、角膜に潰瘍ができて、最後は完全に視力を失ってしまう。
ただし、エクスプレス紙はデンマーク人医師クリスチャン・グルド氏の警告を引いて、ビタミンA不足を食品添加物で補うのは健康に有害となりうるとし、肉、魚、鶏肉類、乳製品、ニンジン、ピーマン、トマト、アプリコット、マンゴーなど、ベータカロテンを多く含む野菜や果物をバランスよく食べて不足を補うよう勧めている。
関連ニュース
史上初 英国男性に3Dプリンターで作製された義眼が移植
視力障害は認知能力を下げる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала