ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

バイデン大統領「ロシアはウクライナ侵攻を決断した」 諜報機関の情報根拠に

© REUTERS / Jonathan Ernstバイデン大統領
バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 19.02.2022
ジョー・バイデン大統領は18日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が「ウクライナに侵攻する」決断を下したと思うかと問われ、確信していると答えた。
バイデン大統領は、ロシア指導部が状況に応じてさらなる措置を決定したと確信しており、「現時点では、プーチン大統領が決定を下したと確信している」と語った
こうした結論の根拠を挙げるように求められたバイデン大統領は、米国には「諜報機関の高度な情報能力」があると明らかにした。
バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 19.02.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
バイデン米大統領、ルガンスク・ドネツク両人民共和国を非難 ウクライナ東部での停戦に違反
バイデン大統領は、ウクライナ情勢が悪化しない限り、外交の余地はあると強調した。
ロシア側は西側およびウクライナの言う「攻撃的行動」の非難を否定し、ロシアは何人に対しても威嚇もせず、攻撃しようとしていないと再三にわたって繰り返してきた。「ロシア連邦の攻撃」という声明はNATOがロシアの国境近くにより多くの軍事機器を配備するための前提として使われている。ロシア外務省は、「ロシアによる侵攻」という欧米の非難と、ウクライナをその侵攻から守るという発言は滑稽であり危険であるとの見解を示していた。ロシアのペスコフ大統領報道官は、ロシアは自国領内で、独自の判断に基づき、軍部隊の配置を行っているだけであり、これが誰かの脅威になったり、懸念を呼ぶものではないと強調した。
ロシアのラブロフ外相は、ロシアはウクライナをめぐる紛争状況のためにいかなる口実も作っていないと述べた。ラブロフ氏によると、ロシアは、西側によって起こされたウクライナをめぐるヒステリーが、ドンバスに関するミンスク合意をひそかに妨害するというウクライナの路線のカモフラージュを目的としている可能性を排除していない。また、ペスコフ報道官によると、ウクライナをめぐる米国とNATOの情報ヒステリーは、多くが嘘や偽情報に包まれている。
関連ニュース
プーチン大統領、ドンバスの状況悪化を発表
「ウクライナ侵攻は数日中に起こる」 バイデン氏のこの言葉が状況を悪化させる=露ペスコフ報道官
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала