ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

西側の反露路線には見通しがない ロシアを弱体化させることにはならない=露ラブロフ外相

© Sputnik / Alexey Kudenko / メディアバンクへ移行露ラブロフ外相
露ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 30.04.2022
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、西側の反ロシア路線は決して正当化されることはなく、何の見通しもない。つまり、ロシアを弱体化させることにはならず、状況はすでに安定していると表明した。
ラブロフ外相は、ドンバス防衛のための特殊作戦が、ロシアやその法人および個人に対する大規模な制限措置を導入する「西側の集団的な口実となった」ことについて言及した。
ラブロフ外相は、新華社通信のインタビューに対しこのように述べた。

「米国、英国、カナダ、欧州連合(EU)諸国では、ロシア経済の『首を絞める』という目的や、ロシアのさらなる進歩的発展を阻止するという目的を隠していない。この反ロシア路線は何をもっても正当化できないだけでなく、何の見通しもないことは明らかだ。プーチン大統領が指摘したように、ロシアはこの前例のない圧力に耐えてきた。もちろん、すべてのリスクを避けられたわけではないが、現在、状況は安定している。いずれにせよ、ロシアを弱体化させることにはならない」

ロシアのラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 30.04.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアはNATOと戦争状態にあるとは考えていない=露ラブロフ外相
ラブロフ外相によると、西側諸国政府は、対露制裁がすでに自国の一般市民に害を及ぼし始めていることを気に揉んでいない。一方で、米国や多くの欧州諸国の経済動向は悪化し、インフレや失業が増加している。
関連ニュース
ロシアを弱体化させるため米国が紛争を長引かせている=中国外交部
英国政府はゼレンスキー大統領をロシアとの和平から遠ざけた=ガーディアン紙
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала