ハッカーがNATOの軍事機密文書を販売

CC0 / Pixabay / 9sdworld / ハッカー
ハッカー - Sputnik 日本, 1920, 28.08.2022
ハッカー集団が、北大西洋条約機構(NATO)の軍事機密文書をネット上で販売していたことが分かった。英BBCが報じている。
同メディアによると、販売された資料には、バルト三国におけるNATO軍が保有する新兵器や作戦に関する情報が含まれている。NATOは現在、流出の規模について調査し、今後起こりうる出来事について推測を行っている。
英BBCによると、ハッカー集団は、フランスに本社を置く欧州の大手兵器メーカー「MBDAミサイル・システムズ」の関連ファイルへのアクセスに成功したという。同社は、ハッキングは外付けハードディスクから行われ、データが盗まれたと発表している。
関連ニュース
米マイクロソフト 「ロシア」のサイバー脅威の標的はNATO
中国、イラン、トルコのハッカーが米国のジャーナリストを定期的に攻撃=米サイバーセキュリティ企業
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала