他国に対露制裁への賛同を強制することは反則行為=露外相

© The Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation / メディアバンクへ移行露ラブロフ外相
露ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 29.08.2022
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、西側諸国が非同盟諸国に対露制裁を支持するよう強制するという「ローブロー」攻撃を行う可能性は除外できないと述べた。
ラブロフ外相は、テレビ局「ズヴェズダー(星)」が制作した非同盟運動をテーマにしたドキュメンタリー番組の中でインタビューに応じ、西側は、いわゆる「ローブロー」と呼ばれる厳しく禁止された反則行為を行う可能性も排除できないと指摘した上で、すべては西側諸国の政治家たちの良心にかかっていると語った。
欧州連合の旗 - Sputnik 日本, 1920, 29.08.2022
欧州 9月にロシアから「致命的な打撃」を受ける恐れ
またラブロフ外相はこの中で、米国、英国と欧州は、他の国々に対し、ロシアに対する考えを変えるよう、脅しや恐喝を用いているとも指摘。一方で、対露制裁の支持に関する西側の外的圧力については、「『非同盟運動』の推進者らはこのような脅しに屈することはない」とした。ラブロフ氏はその理由について、そうした国々は、西側が長年にわたって安全保障分野におけるロシアの利益を無視してきたことに対するロシアの対応が正当なものだと考えているか、もしくは中立的立場を取ることを望んでいるからだと説明した。
関連ニュース
ロシア経済が西側の前例のない圧力に耐えるのを助けた3つの要因
西側の制裁は依然としてロシア産農産物の輸出を妨げている=露外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала