ザポリージャ原発 - Sputnik 日本, 1920, 30.08.2022
ザポリージャ原発の安全性を巡る状況
ザポリージャ(ザポロジエ)原子力発電所は、欧州最大の原子炉数と出力を誇る。同原発は、今年3月からロシア軍の保護下にある。ロシア外務省は、核物質及びその他の放射性物質の漏洩を防ぐという観点から、同原発がロシア軍の保護下にあることの正当性を強調した。ウクライナ軍は、ザポリージャ原発のあるエネルゴダル市、周辺の村、原発自体を含む都市に隣接する原発の敷地への定期的な砲撃を続けている。

ロシアは、自国が統制のザポリージャ原発を訪れるIAEA視察団に全ての安全を確保 ペスコフ報道官

© Sputnik / Sergey Guneev / メディアバンクへ移行ロシア大統領府のペスコフ報道官(アーカイブ写真)
ロシア大統領府のペスコフ報道官(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 29.08.2022
8月29日、ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ公式報道官は、ロシアは国際原子力機関(IAEA) 視察団のザポリージャ(ザポロジエ)原発訪問に関心があり、訪問を待ちわび、組織との協力と相互関係に開かれた姿勢をとっていることを明らかにした。

「ロシア軍が統制下におく(ザポリージャ原発の)領域では、当然、あらゆる安全確保がとられている上、ウクライナ側から原発敷地内への絶え間ない砲撃に関連し、リスクが常に広がっていることを考慮し、(安全性は)適切なレベルであることが必要だ」

ペスコフ報道官はまた、IAEA視察団はウクライナが統制下におく領域から原発敷地内へと入ることを明らかにしている。
さらに、ウクライナがザポリージャ原発および隣接ゾーンへの攻撃を止め、欧州全体の安全を脅かさないよう、ロシアは全諸国にウクライナへ圧力を講じるよう呼びかけていることを明らかにした。
ペスコフ報道官は、ザポリージャ原発の周囲に非軍事地帯を創設する案についてコメントした中で、「現在、これについては言及されていない」と指摘している。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала