英空軍、ロシアとの緊張背景に民間空港に兵力分散 第二次大戦以来

© 写真 : MoD / Crown copyright 2018英空軍の戦闘機「ユーロファイター・タイフーン」
英空軍の戦闘機「ユーロファイター・タイフーン」 - Sputnik 日本, 1920, 30.08.2022
英空軍はこのごろ、軍用機の一部を国内の民間空港に移転配備する方針を明らかにした。英紙「デイリー・エクスプレス」が伝えている。空軍基地に攻撃があった際、即応能力を維持するのが目的としている。こうした措置は第二次世界大戦以来だという。
同紙によると、イングランド東部のノーフォーク、リンカンシャーのほかスコットランドの地方空港に「ユーロファイター・タイフーン」「F-35」といった戦闘機部隊を展開するとしている。基地への直接攻撃による戦力壊滅を防ぎ、滑走路が使えなくなった際にも民間空港から出撃することで、英空軍の即応能力を保障するための兵力分散だとしている。
英国防省職員はこの1年間で、民間空港を数回訪れて、どれだけの航空機、予備戦力を緊急事態に配備できるかの検討を進めてきた。これは英空軍の柔軟性と確実性を高めるための「ACE計画」の一環とされ、当初はインド太平洋地域、中東、北大西洋条約機構(NATO)の東側面などの潜在的ホットスポットを念頭に置いていた。だが、記事ではウクライナ情勢の悪化によるロシアと英国の関係悪化により、計画が加速し、英国全土に広まったと指摘している。
必要があれば核兵器のボタンを押す=トラス英外相 - Sputnik 日本, 1920, 24.08.2022
必要があれば核兵器の発射ボタンを押す=トラス英外相
一方、一部の専門家からは国内の経済、エネルギー危機から国民の関心をそらすためのプロパガンダだとする冷ややかな声も挙がっている。
ロシア軍のウクライナにおける特殊軍事作戦の開始後、露英の軍事的緊張が高まっている。15日には、露国防省がロシア北部ムルマンスク州で英国の偵察機が領空侵犯したと発表。ロシア軍が要撃機「MiG-31」を発進させた結果、侵犯機は領空から退去したという。
関連ニュース
英偵察機のロシア上空飛行申請は故意の挑発=露国防省
英国のウクライナ危機における目的は…EUの没落?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала