米国はプーチン大統領の重要な警告を無視した=米国の経済学者

© Sputnik / Pavel Byrkin / メディアバンクへ移行ロシアのウラジーミル・プーチン大統領
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 01.09.2022
米国な有名な経済学者でコロンビア大学教授のジェフリー・サックス氏は、報道番組DemocracyNow!で、米国は、NATOのさらなる拡大は容認できないというロシア指導部の警告に不当に耳を傾けなかったほか、合意しようとするロシアの試みを不必要にはねつけたと述べた。
サックス氏は「プーチン大統領は『NATOを黒海、ウクライナ、そしてグルジアに引っ張ってくるな』と何年も繰り返してきた。モスクワは警告した。『我われを取り囲むな、我われを脅すな、合意しようじゃないか』と。しかしワシントンはこの呼びかけをはねつけた」と述べた
サックス氏はまた、このような米国の行動は目新しいものではなく、ソ連崩壊後に米国の指導部が一極世界の考えに夢中になった30年以上前に始まったと述べ、そのような戦略の結果は惨憺たるもので、米国はその外交政策を完全に軍事化したと語った。
「勢力争いの地」:西側が北極圏における露中の脅威を誇張するのは抑止が目的 - Sputnik 日本, 1920, 29.08.2022
「勢力争いの地」:西側が北極圏における露中の脅威を誇張するのは抑止が目的
サックス氏は、米国が外交合意していればウクライナ紛争の悪化は回避できたはずだと締めくくった。
関連ニュース
ロシアとウクライナの紛争についてひどく欺かれた西側社会 ナショナル・インタレスト誌
他国に対露制裁への賛同を強制することは反則行為=露外相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала