台湾 中国の無人機飛来のため、島々の沿岸に対ドローン兵器を配備

© 写真 : 樱井千一中国の無人機飛Harbin BZK-005
中国の無人機飛Harbin BZK-005 - Sputnik 日本, 1920, 04.09.2022
台湾国防部は、中国から数機の無人機が飛来したことを受け、金門島と馬祖列島の両沿岸に対ドローン兵器を配備したことを明らかにした。英文台湾日報が報じている。
これよりも前、中国福建省沿岸にある台湾の島々の上空で、中国の無人機が目撃されたと報じられた。1日には、台湾軍が金門島付近の海上を飛行していた無人機1機に警告を行ったが、反応に応じなかったため撃墜する出来事が起きている。
関連ニュース
緊張高まる台湾海峡:米国はアジアの情勢を不安定化させようとしている=露外務省
トラス外相、首相就任なら中国を英国の「脅威」と初めて宣言へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала