ロシアの専門家 中国と台湾が武力衝突する可能性について語る

© Depositphotos / Sezerozger台湾の旗と中国の旗
台湾の旗と中国の旗 - Sputnik 日本, 1920, 05.09.2022
中国と台湾の武力衝突は今後2〜3年以内に起こる可能性が極めて高く、最近の無人機撃墜事件はその予測を早めるかもしれない。ロシアの政治学者のワシリー・カシン氏が、このような考えを示している。
カシン氏は、8月30日に台湾が金門群島上空で飛行していた中国の無人機に向けて発砲し、翌日、台湾で識別不明の無人機が撃墜された出来事について言及している。同氏は、無人機の使用に強い懸念を示している。無人機は、兵力を失うリスクなしに敵の防空網を探ることが可能な理想的な手 段であるためだ。カシン氏は、台湾海峡の両側で観測される無人機による活動の活発化は、ごく近い将来、中台紛争の激化をもたらす恐れがあると警告している。
ロシアの政治アナリスト、ウラジーミル・ポタペンコ氏も同様の意見を示している。ポタペンコ氏は、台湾による無人機への発砲は、外国の標的を倒す能力を確認するものであり、中国は無人機を飛行させることによって、台湾政府の防衛面の弱点を探っていると指摘している。同氏は、「もし対立のプロセスが始まったのであれば、それは続いていくだろう。近い将来、どのような展開になるかは、米国と台湾の当局の行動、つまり、中国との対立の『度合いを高め』、中国政府がそれに応じないわけにはいかなくなる時期が来るかどうかにかかっている」と述べている。しかし、同氏によれば、中国当局はこの地域の緊張がこれ以上エスカレートするのを避けたいと考えているという。
台湾は防衛費を増大し、中国無人機に実弾警告射撃を行った。今後、情勢が激化する可能性はあるのか? - Sputnik 日本, 1920, 01.09.2022
台湾は防衛費を増大し、中国無人機に実弾警告射撃を行った。今後、情勢が激化する可能性はあるのか?
これよりも前、ロシア外務省は、米国が台湾沿岸での緊張を作り出すことで、アジア地域全体の情勢を不安定なものにしようとしているとの見方を示した。
関連ニュース
台湾に関する現状変更は容認できない=ホワイトハウス
マレーシア 米国と台湾による挑発後、アジア諸国に中国への接近を促す
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала