アフガン首都ロシア大使館前でのテロ 「米国の誤った政策の結果」=シリア副外相

© Sputnik / V. Kiselev / メディアバンクへ移行カブール
カブール - Sputnik 日本, 1920, 06.09.2022
アフガニスタン首都カブールのロシア大使館付近で発生したテロ事件は、米国の誤った政策の結果である。シリアのアイマン・スーサン副外相が、リアノーボスチ通信に語った。
スーサン氏は、5日にカブールのロシア大使館付近で発生したテロ事件について、このようにコメントした。
「我々はあらゆる形態のテロを非難する。今回のテロは、テロ対策への取り組みの必要性を強調するものだ。今回の事件は、米国の誤った政策の結果であり、アフガニスタンにおける米国の動きが失敗であったことを再確認するものだ」
また、スーサン氏は、シリアはこのテロ事件を強く非難し、深い哀悼の意を示すと述べた。
カブールのロシア大使館付近で爆発 ロシアとアフガニスタン関係に対する挑発行為=専門家 - Sputnik 日本, 1920, 06.09.2022
カブールのロシア大使館付近で爆発 ロシアとアフガニスタン関係に対する挑発行為=専門家
アフガニスタン首都カブールのロシア大使館付近で5日、爆発があり、ロシア外務省によると、爆発によりロシア大使館職員2人が死亡した。
その後、国際テロ組織「ダーイシュ」(IS、イスラム国、ロシア連邦で活動禁止)が、この事件について犯行声明を表した
関連ニュース
20年にわたるアフガニスタン戦争 米国が費やしたコスト
中国の駐アフガニスタン大使、米国の政策の二重性と国の主権に対する軽視について語る
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала