専門家、ガス不足により誰が最も大きな打撃を受けるかを説明

© 写真 : Nord Stream 2専門家、ガス不足により誰が最も大きな打撃を受けるかを説明
専門家、ガス不足により誰が最も大きな打撃を受けるかを説明 - Sputnik 日本, 1920, 08.09.2022
欧州で冬が近づくにつれ、エネルギー危機は悪化し続けているが、それは何よりも東欧諸国を脅かしている。スコルコヴォ・スクール経営陣の持続可能な開発センターの低炭素・循環経済研究所のニキータ・ドブロスラフスキー所長が語った。
ドブロスラフスキー氏は、東欧は西欧・中欧よりもエネルギー消費をロシアのガスに大きく依存していると説明した。状況が悪化した場合、より繁栄している国が「分かち合う」ことを余儀なくされる可能性がある。
同氏によると、欧州の一部の政治家はカナダからのガス供給を望んでいるが、これはカナダの港が輸出に適していないため、難しいシナリオである。専門家はこのような状況では、ガスパイプライン「ノルドストリーム2」の再開の可能性は否定できないと述べた。
エルドアン大統領とプーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 06.09.2022
悪いのは自分 ロシア産ガス供給減でエネルギー危機の欧州をエルドアン大統領が揶揄
欧州のガス価格は9月5日、ガスパイプライン「ノルドストリーム」による供給停止の影響で30%値上がりし、1000立方メートルあたり2850ドル(40万4000円以上)を超えた。一夜明けた翌6日は、ロンドンICE取引所で1000立方メートルあたり2350ドル(33万3100円以上)台を維持している。
欧州のエネルギー危機は7月、ロシア産ガスのEU諸国への供給が初めて中断した時点から深刻化している。この状況は、欧州へのガス供給を担うパイプライン「ノルドストリーム」でガスタービンの技術サービスに問題が生じたことに端を発している。
これより前、欧州連合(EU)理事会の議長国を務めるチェコは、ロシア産天然ガスに価格上限を設定する議案をEU理事会の検討事案から外すことを望んでいると報じられていた。
関連ニュース
英国最大のガス供給業者が「数十億ドルの融資」を申請=フィナンシャル・タイムズ紙
近い将来のガス価格の下落を期待しておらず=ユニパーCEO
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала