Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

インド 新型コロナのパンデミック禍に児童婚が前例のないほど増加

© AP Photo / Rajanish Kakadeインドの新郎新婦
インドの新郎新婦 - Sputnik 日本, 1920, 17.09.2022
インドでは児童婚が正式に禁止されているが、今もなおこの悪習は根強く残っており、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの困難な時期には、児童婚が前例のないほど増加した。社会調査センターの所長で非政府組織Women Power Connect会長のランジャナ・クマリ氏が、「スプートニク」のインタビューで語った。
クマリ氏によると、COVID-19はインド人1人ひとりの生活に悪影響を与えたが、主に最も被害を受けたのは、最脆弱層と最貧困層だった。多くの家庭が仕事を失い、田舎の子どもたちは教育を受けることができず、大勢の未成年者が親を亡くした。そして、まさにこのような子どもたちが、児童婚の主な犠牲者になったという。
「インドの農村社会では少女が思春期を迎えても家にいると、家族の負担になります。特に収入源を失った家庭では。そのような少女は、よく嫁に出されます。またここでは風習が大きな役割を演じています。風習によると、少女が若くして結婚した場合、その家族は結婚持参金が少なくて済みます。そしてパンデミック禍には価格が下がったため、家族の年長者は18歳未満の少女を急いで結婚させようとしたのです」
結婚式 - Sputnik 日本, 1920, 14.06.2022
日本 2022年版男女共同参画白書を閣議決定 「もはや昭和ではない」
クマリ氏によると、児童婚は早期の妊娠や出産につながり、少女の精神的健康と身体的健康にとって非常に危険だ。さらに早婚は、インドが乳児死亡率の点で極めて脆弱な国に含まれる主な原因の1つでもあるという。クマリ氏は、なぜなら一般的に、幼くして母親になった少女はまったく教育を受けておらず、あまりにも若すぎて、母子の健康問題を理解できないからだと指摘している。
2021年に公表されたユニセフの報告によると、インドでは少なくとも毎年150万人の18 歳未満の少女が結婚しており、これは10代の少女の約15%に相当する。一方、インド当局は、アジア諸国の中で20歳未満の結婚を禁止しているのは日本だけであることを理由に(男性は18歳から、女性は16歳から結婚できるが、未成年者の場合は親の同意が必要とされていた。2022年4月1日から女性の婚姻可能年齢が引きらげれら、親の同意は不要になった)、急いで結婚最低年齢を設けようとはしていないという。
先に、中国ではインドとは対照的に結婚年齢が上昇し、婚姻件数が減少していると報じられた。
関連記事
中国 雇用主が求人募集において性別を限定したり、就職面接で結婚や妊娠について尋ねることを禁止する法案の審議が始まる
中国の出生率が史上最低に
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала