ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

フランス、ウクライナ兵をこっそり訓練?=Politico

フランス旗 - Sputnik 日本, 1920, 17.09.2022
フランスはウクライナ兵の「専門的な訓練」を行っているが、それを喧伝していない。米政治専門誌「Politico」がフランスのセバスティアン・ルコルニュ防衛相の補佐官の話として伝えている。
「Politico」によると、フランスは「バランスが取れた立ち位置」を望むエマニュエル・マクロン大統領の方針により、これまで表立った大規模なウクライナ兵の訓練プログラムを行ってこなかった。

「マクロン大統領の立場は明白だ。ウクライナが勝つべきだが、ロシアをおとしめるわけにもいかない。我々は団結を見せてウクライナの勝利を支援する。だがそれが無理なら、紛争が終わるときに自らの役割を果たす可能性を残したいというわけだ」

ウクライナのゼレンスキー大統領 - Sputnik 日本, 1920, 12.09.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ゼレンスキー大統領、ロシアとの協議行う用意ない
公式のデータによると、フランスはこれまでに40人のウクライナ兵士に対し、自走榴弾砲「カエサル」の使用方法の訓練を実施している。だが、その他の訓練のデータは完全に秘匿されているという。
補佐官は「英国は基本的な訓練を行っているが、我々(フランス)はより専門的な訓練を行っている」と述べたが、詳細については明らかにしなかった。
ウクライナ兵の訓練をめぐっては、英国が6月に大規模なプログラムを始動させており、すでに4700人程度のウクライナ兵が修了したとしている。また、フランスは16日、ドイツ、ポーランドとともにウクライナ兵の訓練に関する特別ミッションの創設に意欲を示す外相による共同声明を発表している。
関連ニュース
ドイツ外相、ウクライナの戦車レオパルト供与の要求をかわす
「話す用意がないなら必要ない」 プーチン露大統領、ゼレンスキー氏との会談について
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала