中国外務省「あらゆる措置をとる権利を留保」バイデン米大統領の台湾発言を受け

中国外務省の毛寧報道官 - Sputnik 日本, 1920, 19.09.2022
台湾に関するバイデン米大統領の発言を受け、中国は厳しい姿勢を示し、強い不満を表すとともに断固抗議した。中国外務省の毛寧報道官が19日に発表した。
バイデン米大統領はこれより前、CBSテレビのインタビューの中で、米国は台湾と協力しつつも、台湾に対して中国からの独立を奨励しているわけではないと語った。その一方で、中国から「前例のない攻撃」があった場合、米軍は台湾を防衛すると強調した。
毛寧報道官は次のように述べた。

「我々は台湾と中国本土の平和的統一を心から願い、あらゆる努力をしている。同時に、いかなる分離主義的行動を絶対に容認せず、必要な全ての措置を講ずる権利を留保する」

一方、台湾外交部はバイデン氏に対し「台湾の安全保障に対する米国政府の揺るぎない方針をあらためて確認」したことに感謝の意を示した。
関連記事
中国、台湾への武器売却で米防衛企業に制裁へ
台湾の主権を主張するようになった米国=米上院は台湾問題についてどのような政策転換を行ったのか?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала