ドイツ政府 エネルギー企業「ウニパー」を国有化

© Sputnik / Igor Zarembo / メディアバンクへ移行ドイツ
ドイツ - Sputnik 日本, 1920, 21.09.2022
ドイツ政府が、同国最大の天然ガス輸入企業「ウニパー」の株式の99%を保有することが分かった。これによりドイツ政府は、国内のエネルギー供給の安定化を目指す。これは、同社のウェブサイトで発表されている。
ドイツ政府はウニパー社に約80億ユーロ(約79億円)を投資するとともに、ウニパー社の株式の過半数を保有するフィンランドのフォータム社からウニパー株を買い取る。フォータム保有株の取得価格は、1株当たり1.7ユーロ(約240円)。ウニパー社は、「これにより、政府のウニパー社への出資比率は約99%となる 」と発表している。
ショルツ首相がドイツの安保理常任理事国入りを主張、加盟国に支持呼びかけ - Sputnik 日本, 1920, 21.09.2022
ショルツ首相がドイツの安保理常任理事国入りを主張、加盟国に支持呼びかけ
ドイツのロベルト・ハーベック副首相によると、ドイツ政府は国内のエネルギー供給を安定させるために今回の措置に踏み切ったという。ハーベック氏は、ウニパー社が輸入する天然ガスの50%がロシア産で、同社によるドイツのガス供給に占める割合は40%であると指摘している。
ドイツ国内外に多数の発電所を所有するウニパー社は、ロシア産天然ガスの供給が減少する中、貯蔵施設から天然ガスの取り出しを開始し、市場価格が高くなったガスを大量に購入せざるを得ないなどの困難や損害を強いられている。
関連ニュース
ベルギーの大多数の市民が電気・ガス料金の支払いに不安=世論調査
「化石燃料は未来ではなく過去」世界はグリーンエネルギーを進めるべきだった=グテーレス国連事務総長
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала