ザポリージャ原発 - Sputnik 日本, 1920, 30.08.2022
ザポリージャ原発の安全性を巡る状況
ザポリージャ(ザポロジエ)原子力発電所は、欧州最大の原子炉数と出力を誇る。同原発は、今年3月からロシア軍の保護下にある。ロシア外務省は、核物質及びその他の放射性物質の漏洩を防ぐという観点から、同原発がロシア軍の保護下にあることの正当性を強調した。ウクライナ軍は、ザポリージャ原発のあるエネルゴダル市、周辺の村、原発自体を含む都市に隣接する原発の敷地への定期的な砲撃を続けている。

仏、独、米がザポリージャ原発のIAEA常駐を支持

© AFP 2022 / Sergei Chuzavkov国際原子力機関(IAEA)職員
国際原子力機関(IAEA)職員 - Sputnik 日本, 1920, 22.09.2022
西側諸国の数か国がザポリージャ(ザポロジエ)原発における国際原子力機関(IAEA)職員の常駐を支援した。
こうした決定は、国連総会のフィールドでカナダ、仏、独、伊、英、ウクライナの外相らと韓国、スイス、米国の高官およびEU外交安全保障上級代表がIAEAのグロッシ事務局長と会談を持った中でとられた。
ザポリージャ原発 - Sputnik 日本, 1920, 20.09.2022
ザポリージャ原発の安全性を巡る状況
露仏外相、ザポリージャ原発の安全確保について議論

「我々はザポリージェ原発におけるIAEAの支援ミッションと協力に感謝し、事務局長とそのチームの勇敢さとこの重要なミッションを断固として遂行する姿勢に敬意を表す。ウクライナ支援のためにザポリージャ原発におけるIAEAの常駐を維持すること支持し、必要性に応じて核の安全保障、保護、保証分野におけるIAEAミッションの目的を支援する構えだ」支援国の外相らはこうした声明を表した。

関連ニュース
EU外相、ウクライナへの軍事支援にまつわる使節団創設を協議 早ければ10月にも決定
ウクライナ軍がザポリージャ原発周辺の攻撃を再開=ロシア国防省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала