日米韓外相らが北朝鮮の発射を非難

© AP Photo / Lee Jin-man朝鮮半島
朝鮮半島 - Sputnik 日本, 1920, 23.09.2022
日本の林芳正外務大臣、米国のアンソニー・ブリンケン国務長官、韓国の朴振外相は22日(日本時間23日)、米ニューヨークで開催された第77回国連総会に合わせて外相会談を開き、北朝鮮のミサイル発射を非難した。共同通信が報じた。
会議参加者は、朝鮮半島の完全な非核化を実現するために連携する意思を確認した。また、外相らは北朝鮮の最高人民会議による核兵器に関する法令の採択について深刻な懸念を表明した。
林芳正外相、ブリンケン米国務長官、韓国の朴振外相は安全保障協力を推進していくことで一致した。
北朝鮮の旗 - Sputnik 日本, 1920, 10.09.2022
北朝鮮の核政策法令に米国はどのように反応するのか=専門家
さらに林氏は、北朝鮮による日本人拉致問題を解決するため、三国の協力を呼びかけた。
これより前、岸田文雄首相は17日、北朝鮮による日本人拉致問題を巡り、2002年に5人の拉致被害者が帰国して以降、拉致問題が未解決となっている現状について「痛恨の極みだ」と述べていた。
関連ニュース
岸田首相、金総書記と前提条件抜きで会談する用意を国連総会で表明
日韓外相、元徴用工問題の早期解決や北朝鮮への対応を協議
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала