- Sputnik 日本, 1920
フィギュア特集

フィギュア・ロシア代表テストスケート トルソワ、ワリエワらが新SPを披露

© Sputnik / Alexander Wilf / メディアバンクへ移行カミラ・ワリエワ選手(16)
カミラ・ワリエワ選手(16) - Sputnik 日本, 1920, 25.09.2022
露モスクワで24日、フィギュアスケート・ロシア代表チームのテストスケートが行われた。北京五輪女子シングル銀メダルのアレクサンドラ・トルソワ選手(18)や北京五輪団体金メダルのカミラ・ワリエワ選手(16)など、各種目の代表選手が新しいショートプログラム(SP)を披露した。
トルソワ選手は、腰を痛めながら演技を行ったと明かした。「今は本調子ではなく、腰を痛めていて、ほとんど滑っていなかった。2週間前にやっとリンクに乗ったところ。出場する必要がなかったら、滑っていなかった。でも、ファンが待っていてくれたので、出場することにした。」
ワリエワ選手もまた、怪我のため4回転ジャンプをまだ飛んでいないと述べた。「ひねり、すなわち4回転の準備として、3回転ルッツ−3回転ループの連続ジャンプを使っている。自信がついたら、プログラムに入れればいい。」
ワリエワ選手は、新しいSPについて「ダニイル・マルコヴィッチ(振付師のグレイヘンガウス氏)が最初に音楽を聴かせてくれて、とても気に入った。冒頭でモールス信号を示して、ファンに意味を推測してもらおうという話を提案してくれた」と語った。ワリエワ選手によると、未来から自分へメッセージを伝えているという。
25日にはフリースケーティング(FS)が披露される。
関連ニュース
フィギュア・紀平選手が1年半ぶり復帰戦 SP6位発進
フィギュア・ロンバルディア杯 日本の渡辺倫果が初優勝 坂本花織は2位
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала