今はウクライナのNATO加盟を議論する時でない=ホワイトハウス

© AP Photo / Carolyn Kasterサリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)
サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当) - Sputnik 日本, 1920, 01.10.2022
米国のジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は30日、ウクライナのNATO(北大西洋条約機構)加盟に向けた手続きは、時期尚早であると表明した。
ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は30日、ドネツク、ルガンスク両人民共和国、ザポリージャ(ザポロジエ)、ヘルソン両州の4地域がロシア連邦へ編入したことを受け、ウクライナのNATO加盟を正式に申請すると宣言した。
メドベージェフ氏 - Sputnik 日本, 1920, 01.10.2022
「ウクライナのNATO加盟申請は第三次世界大戦の幕開けを加速」=メドベージェフ氏
サリバン氏は、記者団に対し「我々の見解では、今、ウクライナを支援する最善の方法は、『現場』での実践的な支援であり、NATO加盟手続きは別の機会に行うべきだ」と語った。
一方、米国はNATOの「門戸開放」政策への支持を放棄しているわけではないと強調した。サリバン氏は「加盟に関するすべての決定は、加盟国30カ国と加盟希望国の間で決定されるべきだ」と話した。
また、NATOのストルテンベルグ事務総長も「いかなる国も自らの道を決定する権利があり、NATOへの扉は開いている」としたものの、「現在NATOはウクライナの支援に集中している」と指摘し、加盟の見込みついては明言を避けた。
関連ニュース
「NATO拡大はないという約束は汚らしい嘘だった」プーチン大統領 西側がロシアに仕掛けるハイブリッド戦争の理由を指摘
ウクライナ支援は衝突への参加を意味しない=NATO事務総長
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала