「NATO拡大はないという約束は汚らしい嘘だった」プーチン大統領 西側がロシアに仕掛けるハイブリッド戦争の理由を指摘

© 写真 : MoD / Crown copyright 2018「NATO拡大はないという約束は汚らしい嘘だった」プーチン大統領 西側がロシアに仕掛けるハイブリッド戦争の理由を指摘
「NATO拡大はないという約束は汚らしい嘘だった」プーチン大統領 西側がロシアに仕掛けるハイブリッド戦争の理由を指摘 - Sputnik 日本, 1920, 30.09.2022
西側諸国が築いた一極集中の世界秩序は全てが民主主義的に反し、隅々まで欺瞞と偽善に満ちている。プーチン大統領はクレムリン内の宮殿でドネツク、ルガンスク両人民共和国、ザポリージャ(ザポロジエ)、ヘルソン両州の4地域を新たな構成体としてロシア連邦へ編入する文書の調印式で演説した中で、こう指摘した。

戦略的安全保障協定はゴミ箱行きだ。最高レベルで達した合意が『ほら話』だと宣言されている。NATOは東方拡大を行わないという堅い約束は、ロシアのかつての指導者たちがそれを信じるや否や、汚らしい嘘だったことが判明した」プーチン大統領は語った。

Американский военный на борту эсминца в порту Варны во время совместных учений военно-морских сил Румынии, Болгарии и США в Черном море - Sputnik 日本, 1920, 30.09.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ウクライナ紛争をNATOがどのようにして起こしたか 中国の退役軍人が説明
プーチン大統領はさらに、欧米が集団を組んでロシアに対して行うハイブリッド戦争の真の理由は欲であり、一切、制約されることのない権力を維持しようとする意図だと説明した。
プーチン - Sputnik 日本, 1920, 30.09.2022
ドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国、ザポロジエ州、ヘルソン州のロシア連邦への編入
【ライブ】ドネツク、ルガンスク両人民共和国、ヘルソン、ザポリージャ両州がロシアに編入 プーチン大統領が協定に調印
プーチン大統領は、現在、米国がロシアに制裁を科しているのは、再び全世界を「構築する」ためだと説明した。
プーチン大統領は、欧州の政治家らはほぼ全員が、米国が欧州市場を手中に収めるために事を進めていると知りながら、次々に新たな対露制裁を発動せよという米国の要求に大人しく甘んじていると述べた。

「彼らは皆、あの欧州のエリートらはすべてを知っている。だが、彼らは他人の利益のために奉仕することを好む。これは、もはや隷属ではなく、自国民に対する直接的な裏切りだ」とプーチン大統領はこう言った。

これよりも前、ロシアの政治学者は、1990年代のロシアは、NATOへの加盟に努力を注いできたが、NATO加盟国の反対に遭い、加入できずに終わったとスプートニクに語った。
関連ニュース
米国はドイツ、日本、韓国を事実上占領しているが、それらの国々を「平等な権利を持つ同盟国」と呼んでいる=プーチン大統領
欧米はロシアを植民地として見たいと願っている 自由な社会を求めていない=プーチン大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала