「ウクライナのNATO加盟申請は第三次世界大戦の幕開けを加速」=メドベージェフ氏

© Sputnik / Ekaterina Shtukina / メディアバンクへ移行メドベージェフ氏
メドベージェフ氏 - Sputnik 日本, 1920, 01.10.2022
ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領が北大西洋条約機構加盟を正式に申請する方針を示したことについて、ロシア元大統領で国家安全保障会議副議長のドミトリー・メドベージェフ氏は30日、「ウクライナのNATO加盟申請は第三次世界大戦を早めるものだ」と非難した。
ゼレンスキー大統領は30日、ウクライナのNATO加盟を正式に申請すると宣言した。ウクライナ大統領府は、NATOがウクライナ側について戦闘を行うことはないものの、「関係発展のベクトル」を定め、西側諸国の兵器供給を加速させるために加盟申請が必要だと説明している。
この日、ドネツク、ルガンスク両人民共和国、ザポリージャ(ザポロジエ)、ヘルソン両州の4地域を新たな構成体としてロシア連邦へ編入する協定の調印式が行われており、ウクライナ側としてはロシアをけん制する狙いもありそうだ。
「NATO拡大はないという約束は汚らしい嘘だった」プーチン大統領 西側がロシアに仕掛けるハイブリッド戦争の理由を指摘 - Sputnik 日本, 1920, 30.09.2022
「NATO拡大はないという約束は汚らしい嘘だった」プーチン大統領 西側がロシアに仕掛けるハイブリッド戦争の理由を指摘
メドベージェフ氏はSNS「テレグラム」の自身のページで次のように皮肉交じりに記し、ウクライナが加盟すればロシアとNATOの直接対決に発展すると暗に警告した。

「ゼレンスキーはNATOに早急に入りたがっている。最高のアイデアじゃないか。ただただ、NATOに第三次世界大戦の幕開けを早めるようお願いしているのだ」

また、ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官もロシア編入を決めた4地域を引き合いに出して、NATO加盟申請を宣言したウクライナについて次のように述べている。

「今日、それぞれが自らの道を選んだ。女性や子ども達を殺す血塗られた残忍な者たちは、NATOの掃きだめへの道を。我々は未来への道を。困難だと思いますか?その通り、なぜならいつだって堕落するのは、高みに達するより簡単なのですから」

デモ - Sputnik 日本, 1920, 30.09.2022
「ロシアとの関係発展、米国に遠慮すべきでない」日本の露専門家、日米間の不平等性を指摘
一方、NATOのストルテンベルグ事務総長は性急な加盟には及び腰だ。30日に臨時で開かれたブリーフィングでは、NATOに加盟する全30カ国の全会一致が必要だとして、ウクライナを即時加盟させることはできないとの考えを示した。「いかなる国も自らの道を決定する権利があり、NATOへの扉は開いている」としたものの、「現在NATOはウクライナの支援に集中している」と指摘し、加盟の見込みついては明言を避けた。
スウェーデンとフィンランドが加盟申請した際とは異なり、ロシアと戦闘状態にあるウクライナを加盟させればNATOとロシアとの直接戦争に拡大しかねないため、慎重にならざるを得ないのだ。
関連ニュース
NATOの標的は中国
G7、NATO、EU「編入認めず」 米英など、追加制裁も発動
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала