日本 在ウラジオストク領事退去に対抗し、ロシア領事1人を国外退去へ=読売新聞

© 写真 : Nissy-KITAQ在日本ロシア大使館
在日本ロシア大使館 - Sputnik 日本, 1920, 04.10.2022
日本政府は、ロシア政府が在ウラジオストク日本総領事館の領事を国外退去させたことへの対抗措置として、日本に駐在するロシアの領事1人を国外退去させる方向で調整に入った。4日、複数の政府関係者の情報を元に読売新聞が報じている。
読売新聞の記事では「日本に駐在するロシアの領事1人を国外退去させる方向で調整に入った。ロシア側に近く通告するとみられる」と指摘されている。
ロシア連邦保安庁(FSB)は9月26日、スパイ活動を行ったとして在ウラジオストク日本総領事館の領事、モトキ・タツノリ氏(ロシア語原文ママ)を拘束したと発表した。FSBによると、モトキ氏はロシアと「アジア太平洋地域のうちの一国」との協力やウラジオストクが位置する沿海地方における西側諸国の対露制裁の影響に関連した秘匿情報を、金と引き換えに入手するなどのスパイ活動を行い、ロシアの法律に違反したとしている。FSBの公開したビデオには、モトキ氏が罪状を認める様子が映っている。
ペスコフ報道官(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 03.10.2022
現在の状況では日本との平和条約交渉は不可能=ペスコフ露大統領報道官
日本側は外交ルートを通じてロシアに抗議した。一方、モトキ氏はペルソナ・ノン・グラータ(国外退去)を言い渡され、48時間以内に国外に出るよう求められた。
日本の林芳正外相は、拘束された領事について「違法な活動を行った事実は全くない」「極めて遺憾で、決して受け入れられない」と述べ、拘束したロシア当局側の行為は「領事関係に関するウィーン条約」に明確に違反すると主張。ミハイル・ガルージン駐日ロシア大使は外務省に呼び出され、厳重に抗議を受け、謝罪と再発防止を要求された
一方、ガルージン大使は当該外交官の行為について「自らのステータスに反するもの」だとし、ロシア側には断固抗議する根拠があるとの認識を示した。
関連ニュース
在ウラジオストク日本領事の一時拘束 相応の措置について検討している=林外相
拘束の在ウラジオストク日本総領事館の外交官がロシアから出国へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала