北朝鮮のミサイル発射は日本のミサイル防衛システムが役に立たないことを示した=露専門家

© AP Photo / Ahn Young-joon北朝線ミサイル
北朝線ミサイル - Sputnik 日本, 1920, 04.10.2022
北朝鮮の発射した弾道ミサイルが日本の領土の上空を飛行した事実にじついて、4日、著名なロシア人軍事専門家のアレクセイ・レオンコフ氏はスプートニク通信からの取材に答え、これは日本のミサイル防衛システムが有事の際に役に立たないことをあからさまに示したとコメントした。
レオンコフ氏は次のように語っている。

「北朝鮮は今回の発射で、日本が米国の協力を得て構築したミサイル防衛システム『THAAD』が役に立たないことを示した。5年前、北朝鮮のミサイルが日本の領土上空を通過したとき、日本は独自のミサイル防衛システムの開発計画を発表したが、そうした結果は出されていない。たしかに警告システムはきちんと機能したが、もしこれが試験的な発射でなく本物の戦闘だったら、日本側は迎撃することはできなかっただろう」

岸田首相 - Sputnik 日本, 1920, 04.10.2022
北朝鮮のミサイル、東北地方上空を通過 岸田首相は「強く非難」
一方でレオンコフ氏は、発射実験は集中してはいても、これは北朝鮮と同地域の米国の同盟国との間に紛争の脅威があることを示してはいないと語る。レオンコフ氏は、北朝鮮の核ドクトリンが予防攻撃の概念に基づいているということは、近隣諸国からのいかなる侵略行為も核兵器使用の根拠となりうること、つまりこれにより北朝鮮は、米国とその同盟国に「その方向へと向かう火遊びはあきらめ」させていると指摘した。
レオンコフ氏は、北朝鮮がミサイル開発において目覚ましい飛躍を遂げたことが示すのは、この国が自ら核保有国だと宣言した事実を物語っていると指摘した。レオンコフ氏は、北朝鮮のような鎖国国家がそのような発言をするにはそれ相応の理由があるはずだと強調した。
地球上にもう1つの核大国が出現 北朝鮮の行動は誰のせい? - Sputnik 日本, 1920, 09.09.2022
地球上にもう1つの核大国が出現 北朝鮮の行動は誰のせい?
「こうした地位を『宣言』したということは、北朝鮮がミサイルと発射台の数を自国にとって必要なレベルまで増やしたことを意味する。ここで興味深いのは、ミサイルや弾頭を北朝鮮が実際にいくつ保有しているのか、保有がインドや中国、その他の諸国に匹敵するようなものなのかを、今日、誰も知らないということだ。米国の諜報機関にとって、これはさらに長い時間をかけて解決しなければならない難題だ」レオンコフ氏はこう説明している。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала