ザポロジエ原発 - Sputnik 日本, 1920, 30.08.2022
ザポロジエ原発の安全性を巡る状況
ザポロジエ(ザポリージャ)原子力発電所は、欧州最大の原子炉数と出力を誇る原発で、2022年3月からロシア軍の保護下に入っている。度重なるウクライナ軍による攻撃で原発の安全性に問題が生じたため、9月初旬、IAEA(国際原子力機関)のグロッシ事務局長率いる調査団が査察。調査報告書では、原発の周辺を「安全ゾーン」とする必要性が訴えられているが、その後もウクライナ軍は原発敷地や周辺の町への散発的な攻撃を続けている。10月のザポロジエ州のウクライナからの離脱・ロシア編入に伴い、新運営会社のもとロシア国内の基準に即した運転に移行している。

プーチン大統領、ザポリージャ原発のロシア移管を命令

© Sputnik / メディアバンクへ移行ザポロジエ原発
ザポロジエ原発 - Sputnik 日本, 1920, 06.10.2022
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はザポロジエ(ザポリージャ)原発のロシアへの移管に向けた大統領令に署名した。文書の内容は5日、ロシアの法令に関する公式サイト「法律情報インターネットポータル」で公開された。同原発が位置するザポロジエ州をめぐっては同日、ロシア編入の手続きが完了していた。
大統領令ではザポロジエ原発を利用するために必要な設備を国有資産にすることや原発のオペレーターとなる国営企業を新たに設立することなどをロシア政府機関に命じるとしている。ロシアの法人登記簿によると、新運営会社は3日付ですでに登録されており、国営原子力企業「ロスアトム」傘下に入っているという。
また、新運営会社の代表にはサラトフ州のバラコボ原発の元主任技師、オレグ・ロマネンコ氏が任命された。
住民投票 - Sputnik 日本, 1920, 05.10.2022
ドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国、ザポロジエ州、ヘルソン州のロシア連邦への編入
ロシア編入の4地域はロシアに何を与えるのか?=元米国防総省アナリスト
先月23~27日、ドネツク・ルガンスク両人民共和国、ヘルソン・ザポリージャ両州ではロシア編入をめぐる住民投票が行われ、賛成が多数となった。30日にはロシアと4地域の代表がモスクワで編入に関する条約に調印。5日までに一連の法的手続きが完了し、これらの地域は名実ともに歴史的祖国ロシアへの復帰を果たした。
関連ニュース
死刑廃止と地域の完全復旧:ロシア編入後、ドネツクおよびルガンスク両人民共和国にはどのような変化が待っているのか?
祖国に還るルガンスク、ドネツク、ザポリージャ、ヘルソン ベトナムの専門家の解説
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала